字を綺麗に見せる方法と定規の関係

あなたの字は綺麗ですか?

綺麗に字がかける人はいいですね。しかしかけない人は、綺麗な字に憧れを持つのではないでしょうか。
字を上手に書きたいけれど、もうそんな時間もないという人も多いでしょう。

また長年書いてきた字を突然綺麗にするということは難しいことなのです。しかし外で字を書くことが多い社会人などは字を綺麗にしなければ恥ずかしいですよね。

そこで字を綺麗にする方法を考えたときに、練習するしか方法がないと思いますが、それ以外の方法があります。

字を綺麗にするポイント

字を綺麗にするためにはどうすればいいのか、練習をしなくてもポイントさえおさえれば綺麗に見えます。ポイントは2つあります。一つは、字を縦長にするように意識してみましょう。

丸文字、横長の文字はあまり綺麗に見えませんし、バランスが悪いのです。そこで縦長に書くようにするといいでしょう。縦長に書くようにすればとても大人っぽい字にすることができますよ。これまで意識していなかった人は、是非一度試してみるといいでしょう。

漢字の大きさは変えること

字のサイズはすべて同じにしている人も多いでしょう。大きさを同じにしたほうが確かにバランスがいいような気がしなくてもないですよね。しかし字の大きさは揃えるのではなくて、画数が多い漢字は大きく書いて、そして画数が少なければ小さくするといいでしょう。それでかなりバランスも良く見えるようになります。

ひらがなの場合は感じよりも大きめに書くことによってさらに全体的なバランスも取れるようになりますので、字が上手な雰囲気を出すことになります。ですが、あまりにもやりすぎるとバランスが逆に崩れてしまうこともありますので、適度に試してみましょう。

定規がなかったとしても長さが分かる

外で定規がないかなと困ることはないでしょか。そこで定規がなくても長さが分かる雑学を紹介します。財布の中に有るもので長さがわかります。千円札、これは実は横の幅が15センチなんですよ。

なので、3つ折りにすれば5センチにもなりますし、10センチも計測しようと思えば計測することができますよ。一円玉の直径は2センチなので、それも使えますね。

外で役立つ生活のいろいろな知恵でした。財布ならいつでも持っているでしょうし、千円札くらいは入っていることが多いですね。