職場のあくびを止めるには酸素を体内に取り込むだけ

あくびが止まらないときは?

あくびが止まらないとき、眠くて仕方がないとき困りますよね。あくびをしたらダメだと思ったらなおさらあくびが出ることもありますよね。あくびを我慢しようと思えば思うほどに、あくびが出る状況があるとき、なんとかしたいですよね。

あくびはなぜ出るのか、それは実は脳の酸素不足なのです。脳に酸素が足りていないときに、あくびは出ると言われています。

ですから自分の思いとは関係なく、体の中に酸素を取り入れようとして出るので、あくびを我慢することは実は生理現象を止めることにもなるので、難しいでしょう。

あくびを止めるなら

あくびを止めたいなら、酸素不足を改善することが大事です。一番いいこと、それは思い切って深呼吸をするとか、大きいあくびをして酸素を脳に送り込みましょう。

しかし仕事をしているとき、会議中、大事なシーンでこれができませんよね。そこで対処法があります。それは、水分をたくさん摂ります。水分をたくさん摂取することで取ることが可能なのです。

脳が酸欠を起こしていることは血液の流れが悪くなっていることで起きているのです。
血液の流れをしっかりと送るようにすれば改善できます。血液循環をよくする一番の即効性のある方法は水分を補給することです。

水分補給をすれば血液循環が良くなります。普通に水を飲んだり、お茶を飲むだけでもいのですが、スポーツドリンクを選ぶ方がさらに体に吸収されやすくなりますので、効果的に血液の流れをよくすることができます。あくびが出て止まらないという人は、水分を摂取して対処するといいでしょう。

目が痛いときは?

目が疲れすぎて痛みを感じることはありませんか?

目が痛くなる理由はパソコンやスマホのしすぎということもありますが、目薬をさす、目の周辺のマッサージなどいろいろな方法がありますが、疲れている目の改善方法として耳たぶをマッサージすることも効果的です。

実は耳にはたくさんのツボがあるのですが、マッサージをすれば、目のツボを刺激することにもつながりますので、それが眼精疲労の改善にもつながるのです。

あくびや目の疲れは仕事をしている人にとっては、辛いことですから、裏技をして改善してみるといいでしょう。手軽にできることばかりですから試してみてください。